動画をYouTubeにあげて、収入が得られるYouTuber。最近では誰でも始められ、副業感覚で目指す人も。しかし、思ったように稼げない現実に、頭を抱える女性も多いのです。YouTuberの活躍は、男性ばかりがメディアでも取り上げられて話題になりますね。

今回は、YouTuberとしての副業がうまく稼げないと感じた女性が、どのように賢く稼げる道を選択していくべきなのかをお話ししましょう。

YouTuberの収入源は意外と厳しい

誰でも動画をYouTubeに投稿すれば、収入がありそうな感覚があります。しかし、たくさんの動画の中で目立つには、並大抵の努力だけでは反映されないことも。

YouTuberは副業として稼げないと言われますが、女性で成功している人は一握りです。それでも一獲千金を狙っている人が多いのが現状なのです。

 

1再生の単価が0.1円以下の場合が

YouTuberの動画を再生する時、広告が流れます。これが収入に繋がりますが、再生回数が増えないと広告を載せることも出来ずに、自分のチャンネルに登録して欲しいとのメッセージが流れますが、動画を投稿すると登録者には通知が届くシステムに。何度も観てもらえるために、リピーターになってくれる人集めも成功を掴むカギとなります。

数百回再生されても、わずかな金額にしかならないため、YouTuberを副業として考えるのは難しく、常に動画を投稿し続けていかなければいけないジレンマに悩まされるでしょう。

 

スキルも問われて視聴者の目が厳しい

YouTuberは副業として稼げないのは、画像処理や編集のスキルも求められるため、常に技術も求められています。女性は男性と違って、体を張った動画というよりはメイクや料理といった得意ジャンルの投稿が多く、人気のYouTuberになるための競争率が高いでしょう。

より多くの視聴数を確保するには、細かいところにまで気を配らなければ難しいのです。副業として稼げないのは女性に限りませんが、何を追求していくかによって視聴者の心を掴みやすくなり、広告収入も大幅に変わっていきます。YouTuberはお金を稼ぐという感覚よりは、根気よく続ける意思が求められる副業ですね。

 

副業として気をつけたいYouTuber

不特定多数の人が視聴できるYouTube。稼げないからと女性が顔出しで閲覧数を期待してしまうのですが、職場の人が視聴している可能性もあります。顔を出さないように気をつけて撮影していても、撮影場所に自分の住所や名前など、特定できるものが映ってしまうと大変なことに。簡単に稼げると思っていても、いざ動画を投稿すると問題も発生します。

 

拘束時間が掛かる動画作成

機材や編集ソフトなど、クオリティーを求めていくと時間も掛かってしまいます。動画のために準備する物も経費が必要になり、一つの動画を作るための投資も求められます。丁寧な動画を作るには、構成から真剣考えていかなければいけませんよね。

雑な仕上がりでは、視聴者を喜ばせることが出来ずに視聴回数も伸び悩み、金融業者に借金をする人もいるのです。熱を入れ過ぎると、本業との両立が難しく感じる女性も。ある程度の予算を組んで計画的に作り上げるプロ意識も求められるため、インパクトがなく遊び半分では他のYouTuberに埋もれてしまうでしょう。

 

視聴者とのやりとりが過激に

女性YouTuberになると、閲覧してくれた人からのコメントが楽しくなりますよね。いつも観てくれるファンのために、何かしてあげなければとの思いも。YouTuberを副業で始めていくと、稼げない状態から抜け出したいとの思いが芽生えます。

あくまで一例になりますが、いつも視聴してくれてコメントを残してくれるファンの要求に、サービス精神でアダルト系の要求を答えてしまうとエスカレートする場合が。

女性の閲覧数を増やしたいところですが、男性の閲覧数を増やす方が視聴回数も伸びるので、男性が喜びそうな動画や配信を行う女性も多いのです。これでは、方向性が定まらずに精神的に追い詰められてしまうこともあり、割り切れない感情に悩まされる女性もいるでしょう。

 

リタイアしてしまうYouTuberも

副業として投稿しても稼げない状況に耐えられない女性も多く、数回の動画作成で赤字になって辞める人も後を絶ちません。予算をかけずに動画を投稿する人もいますが、企画力がないと低予算での動画投稿は厳しい場合も。

必要以上に経費が掛けることもあり、YouTuberでは稼げないと頭を抱えてしまうのです。動画の投稿頻度も頻繁にアップしなければいけないため、副業へ費やす時間が思っている以上にかかる人もいるでしょう。

自己満足としてYouTuberでいるのであれば、楽しいのですが副業となると稼げない現状が続くのは辛いもの。女性がリタイアしてしまうのもわかります。

 

副業として成り立つものを探そう

難易度が高いYouTuberは、副業には向かずに稼げない女性も多く、違った副業を考える人も。しかし、YouTuberをやめた女性は、どのような仕事を始めているのでしょうか。

機材に詳しく編集作業が好きな女性は、映像関係の副業を始めるケースも。在宅で単価が良いものを探す傾向があるようです。

 

自分の特技を収入に

YouTuberで副業しても稼げない女性の場合、収入が良さそうな在宅を始める場合も。自分の特技を活かした副業を探すには、無理をせずに何が出来るのかを見極めることが大切。副業は稼げないと思い込んでいる人もいますが、努力をしないで欲を出し過ぎてしまえば、どんな仕事でも稼げないと感じてしまうものです。

人気YouTuberのように広告収入で稼ぎたいとの気持ちが強いならば、動画だけでなく文章力を鍛え上げサイトを作ることもアリですよ。一番やりたいものを、もう一度考えてから仕事を探し始めましょう。仕事の受注が出来るサイトやアプリもあり、自分の特技や受注金額を登録しておくとオファーが届く場合もあるので、いろいろな可能性に挑戦したいですね。

 

YouTuberに似た感覚でできるチャットレディ

副業で稼げないのは嫌だという女性が始めているのが、チャットレディ。職場にバレたくない人も、相手の顔を確認することができ、身元がわかってしまう心配もなく広告収入よりも高い分単位での収入が得られるでしょう。一対一での会話は、じっくり楽しく自分をアピールできますよ。編集などしなくても、好きな会話で楽しい時間で副業が可能に。

動画を作成するよりも簡単に出来るので、稼げないとイライラしていた日々から抜け出せるでしょう。

 

まとめ

YouTuberで副業を考えていても稼げないのが現状です。溢れ出す動画投稿者に、流行りは下降傾向になりつつあり、違った副業探しを行う女性も増えています。

今では多くのジャンルに個性を活かせる時代。様々なジャンルをチャレンジしていくと、何が一番得意なのかを知るだけでなく、個性としての魅力を再確認することが出来ますね。自分らしくスキマ時間で始められる何かを見つけていきましょう。