最新のチャットレディのお仕事の仕方は、ライブカメラを使い、相手の顔を見ながら文字を入力するチャット形式、もしくはマイクを使ってダイレクトに会話をする方法です。そこで、タイピング能力は必要かという疑問を持つ人も多いでしょう。

仕事のやり方次第ではあった方がいい

相手の顔を見ながら会話をするためにカメラを使うと、顔出しという条件で報酬はアップします。そのため、できるだけ高収入を狙うのであれば、カメラを借りるなり、パソコンに搭載された物を使い、顔を出して仕事をするといいでしょう。その際、タイピング能力に自信がなければ、必然的にマイクも借りてダイレクトに会話をする方法でお仕事をすることになりますが、実はこの方法が一番稼げます。顔を見ながら、音声は使わずチャットをするということであれば、ある程度入力にスピードが求められるため、タイピング能力は不可欠となるでしょう。即座に返信されて来れば、相手もまた返信するの繰り返しで、スムーズな会話が成立するからです。

タイピング能力に自信がある場合の働き方

タイピングには自信があるという人であれば、メールのみのチャットレディという選択肢もあります。話すのに比べると報酬は低くなりますが、なんといっても顔出しをしなくて済み、会話もしなくていいというのは、気分的にラクであることは間違いありません。メールに返信をすることによって報酬が発生するため、メールレディとも呼ばれますが、チャットレディとしての仕事のやり方がメールのみという状態を意味します。メールのやり取りなら、家族にばれずに仕事ができるということで、30代、40代の在宅でできる仕事を探す専業主婦女性に人気です。

メールをたくさん送信できれば稼げる仕組み

メールレディとして稼ぐには、メールをたくさん送信できることがカギとなります。もちろん、一通あたりの単価が高いところで仕事をするのが効率の良さにつながりますが、たくさんのメールを送信するには、一通のメールを仕上げる時間をいかに短くできるかも重要です。メールを作成する時間を短縮するには、早くタイピングできた方が有利になるのは確実で、メールレディには必須の能力といっても過言ではありません。チャットレディとして仕事をする際にも、マイクで会話をするのではなくチャットという手段をとるなら、タイピング能力が高いに越したことはないと言えるでしょう。

まとめ

マイクを使って会話をする方法で仕事をするチャットレディになるのではなく、チャットによる会話もしくはメールという手段を選択するなら、タイピング能力がある方が断然有利です。入力時間が短縮できることによって、サクサク稼げる可能性がでてきます。