チャットレディのお仕事のスタイルには、いくつかの方法があります。ひとつだけを選んでやり方に決めることもできれば、複数のやり方を組み合わせて自分の仕事スタイルを作り上げていくこともでき、柔軟性に富んでいます。

通話だけなら何とかという人は多い

月に何十万円も稼いでいるチャットレディに共通する条件は、インターネット上に顔を出しながら会話をしていることです。つまり、男性側はせっかく話すなら、相手の女性の顔を見ながら話したいと考えているわけです。そのため、チャットレディサイトのほとんどで、相手とリアルタイムで会話をする様子が伝わるライブカメラの貸し出しを行っています。しっかりと稼ぎたいと思うのであれば、カメラを設置してスタンバイする方が、顔出しをしない女性よりも、圧倒的に男性の入室率が高くなります。とはいえ、顔出しは誰かに知られると困るので、通話のみで仕事がしたいという人も多いのは事実です。

会話だけという選択肢もあるにはある

ライブカメラを使わず、男性と電話で会話だけを行う場合、チャットレディではなくテレフォンレディという呼ばれ方になるでしょう。文字通り、電話で話をすることを仕事にする女性です。顔を見せて話をするチャットレディが主流となる中、顔出しをしない通話のみの女性に、仕事の需要があるかどうかが気になる点ですが、実際のところ、あるといっていいでしょう。男性のほうも、なかには自分の顔が知られるのを好まない人もいますし、女性と顔を合わせながら話すのは照れ臭いという人もいます。電話の方がむしろ気楽に話せるという男性も多いため、ライブチャットが主になる中、逆に稼げる場合もあるのです。

途切れることなく会話ができるなら

とにかく話すことが大好きで、長電話は得意中の得意という人なら、テレフォンレディとして仕事を始めてみるのがいいでしょう。基本的に電話はつなぎっぱなしで、話したいお客さんがいる場合、次から次へと電話がつながることになります。こうなると、チャットレディより報酬単価は低くても、確実に報酬につながります。待機している時間がないほどつながるのであれば、仕事時間がすべて報酬発生時間ということになります。どこに住む男性と話をするかという情報が最初にもたらされますので、周辺の情報を集めるためにパソコンを起動して調べられるようにしておくといいでしょう。それで話が盛り上がれば、通話時間を長くできます。

まとめ

チャットレディの主流は顔を見ながらの会話ですが、顔は見られたくないという思いは、女性だけでなく男性にもあります。そのため、通話のみでOKというサイトに登録し、話術を磨いて楽しませることで、仕事をどんどん手に入れるようにすれば、会話のみでもしっかり稼げるでしょう。