男性を相手に、女性であることを武器に仕事をするチャットレディには危険なイメージも付きまといます。けれど、しっかりと稼いでいる女性がいるのも事実ですので、安全か危険かを見極める知識が求められるといえます。

サービスの違いで一番大きなことは

チャットレディの仕事というのは、一言でいえば、男性客を相手に話をすることです。その際、サービス内容でもっとも大きな違いといえば、顔を見せて話をするかということと、アダルトな会話をするかしないかに尽きるといえます。顔を見せることによって、男性が好みの顔立ちの女性を選ぶため、チャットをしてくれやすくなるというメリットがありますし、アダルトな会話に挑戦できるなら、報酬がノンアダルトに比べて高くなるという利点が生まれます。つまり、顔出しをしてアダルトな会話をするというサービス形態を選ぶのが、もっとも稼げる条件ということになるのです。

最も稼げる方法に潜む危険性とは

顔出しをしてアダルトな会話をするチャットレディになれば、人気がでるほどに収入もどんどん増えていきます。それはうれしいことなのですが、顔を合わせてお客さんと話をするため、男性客からの要求がエスカレートしてくるという危険性があります。カメラがあるために相手の様子を見られることから、服を脱いでほしいという要求をされたり、拒否するとお客が怒り出すということもあります。チャットレディサイトに訴えることで、スタッフが替わって対応してくれますが、顔を出しているため、どこかで会うのではないかという不安を拭い去ることができません。

危ない仕事の仕方を避けることで自分を守ろう

きちんとしたチャットレディサイトであれば、女性を危ない目に合わせないように守る対策が取られていますが、自分でもできることはやっておくべきでしょう。そのためには、多少稼ぐ効率は下がっても、アダルトな要求がないノンアダルトチャットサイトに登録するといった方法で、危ない目にあうリスクを下げることができます。ノンアダルトオンリーでも、工夫次第でがっちり稼いでいる女性はたくさんいますので、顔出しはするけれど、会話はノンアダルトに徹底することにより、危ない目にあうことなく、チャットレディとして稼ぐことができるようになります。

まとめ

チャットレディは危ないというイメージは、主にアダルトな会話を行うサイトに登録している女性につきまといます。より安全に仕事をするには、アダルトサービスをするかどうかの違いが大きいと考え、ノンアダルトサイトに登録するのがおススメです。